今年2度目の恋の季節

こんにちは。心理セラピスト きくちかなこ です。

娘が今年2度目の恋の季節です(⌒-⌒; )

このシーズンが終わり、私の週末セミナーがひと段落したら病院へ行こうと思っています。

今回のシーズンは、お仲間がいたようで、、、

ずーっとあの独特な声で鳴いていたのですが、多分雌猫と思われる子がうちのそば、窓越しで鳴いた瞬間に、うちの娘はその声にビックリして鳴けずにいます(・・)
部屋の中から見えるよそ猫さんの姿を威嚇もせずただただジッと見つめるばかり。

私が娘の横に座って一緒に猫を見てると、怖かったのか?ずっと私にひっついて外を見ています。

主人曰く、
「“とと”はネコじゃなく、ちっちゃいアンタ(私のこと)と思ってるんじゃない?」
※“とと”は娘の名前です。

よそ猫さんの声が遠くだと、強気になってか?また鳴き始めるのですが。。。

あと一週間くらいかしら。
私の寝不足が続きます(T-T)

ただ、私よりも娘のストレスの方が膨大なわけで、ただただなだめることしか出来ない母は、娘の辛さを思うと苦しい限りです。。。

投稿者プロフィール

菊地 香奈子
菊地 香奈子
会社員、主婦の皆さまの心のケアに取り組んでいます。共に心の病予防に取り組みましょう!

※菊地 香奈子(きくち かなこ)
 ※詳しくはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください