命の大切さを理解出来ていないのでは?

こんにちは。心理セラピスト きくちかなこ です。

またもや悲惨な事件のニュースが。。。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

そんな形で命を落として欲しくなかった、、、私も胸が苦しくなります。

非常に身勝手な事件ですが。

様々なニュース番組で同じことを繰り返し流しているので、テレビを見るのを止めました。

流れている情報のどこまでが本当で真実かは分かりませんが。

今回の加害者、、、親や親族との繋がりが全く感じられません。(私の感覚ですが)

人として生まれてきたことの喜びや使命が一切感じられませんでした。

映像で映った加害者の姿に、不気味なものも感じましたが、ただひたすら硬い殻にこもって孤独であり続けなければという思い込みも感じました。

発達面や精神面で問題があったようですが。

とはいえ、他人を傷つけて良いはずがなく。

『命』というものを理解出来ないまま、何かのモノと同じように軽く粗末な扱いをしてきたのだろうか、いや、そんなに自分で命を断ちたいと考えていたのなら、いくらでも方法はある、それなのに、自分ではなく他人の命を絶つことで彼は何を達成したかったのか?
ムシャクシャしていたからといって、自分ではなく他人を傷つけるという思考であれば、自分の命は惜しいとどこかで感じていたのではないか?

色々考えてしまいます。

いずれにせよ、亡くなられた方や傷つけた方、その周りの方々、全ての方々へ罪を報いるのは並大抵のことではないでしょう。

「罪を償う」ことを彼は理解出来るのだろうか?
私にはそんな疑問がわいてきます。

日大問題に然り、無差別殺傷事件に然り、
「人を人として対等に接する、相手を尊重尊敬する、感謝の気持ちを持つ」
そういったことが欠けている人が多くなっているのでは?と思ってしまいます。

人間力は高めていきたいです。。。

投稿者プロフィール

菊地 香奈子
菊地 香奈子
会社員、主婦の皆さまの心のケアに取り組んでいます。共に心の病予防に取り組みましょう!

※菊地 香奈子(きくち かなこ)
 ※詳しくはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください