私が「これだ!」と感じて学んだものは。

こんにちは。心理セラピスト きくちかなこ です。

昨日の『講師と受講者の関係は?』に続いて私が色々学んできた中でどう学びの場を選んできたのか?を振り返ってみました。

単純に「知りた~い♪」「やってみていいかもぉ~」という軽い感じでしたら、ネットでいくつか見てみて、お試し講座に行ったり、とりあえず受けてみたりしてきました。(このとき、日時・場所・料金の兼ね合いで決めることがほとんどですけどね)

では、「何とかしたい」「真剣に向き合いたい」というときは、どうしていたか。。。

正直、直感 です。

なんの参考にもならないかもしれませんが。。。

ネットで探してきて「お!?」と思うこともありますが、数日考えていると興味がスッと消えていることも。

けど、『必要』と感じとっているものはドンドン関心が深くなり、その講習やセミナーを受けている自分が見えてくることもあるんです。

そういうときは自信をもって参加します。

とはいえ、セミナーや講習・個人セッションを含めて、『参加している自分』が見えていたものはVCAと先日友人に勧めてもらった個人セッションのみです。

まずはVCA

私がSEとして働いているときに、ホンットに精神的にギリギリのところまで追いつめられていたことがありました。

忙しくて大変!っていうのではなく、人間関係で問題だらけだったわけです。ちょっとしたイジメ!?もあったりで精神的に苦痛でしかありませんでした。

そんな辛さを表に出さないように我慢していたのですが、ふっと出てきますよね、、、私の中の方から助けを求めていたと思うのです。時々発信していたSNSで私の異変に気付いてくださった方からのお誘いでした。

ファシリテーターでもあり、英会話教室も経営されている佐野川さん。

マンツーマン英会話VIGOR

前に英会話に通っていたので社長の佐野川さんとつながっていたのですが、レッスンが終わって日が経っていました。

しかし、メールをくださったのです。「心理学やるから来やー」その時は詳細は語らずに。

(後から「おかしいと思ったんだよね~笑」と教えてくださいました)

その時は「いやいや、私が心理学勉強しても、、、あの訳わからんアイツらが勉強しないと意味がない!」と思っていました。

それでもきっと自分の中で「助けてほしい」という気持ちがあったんだと思います。

きっと何かある!という感覚があったので参加しました。

すぐに「あーーーー私だーーーーっっ!!」と自己探求に入りました。影響が大きすぎて結構打ちひしがれていた記憶があります。

そこからずーっと学びが続いています。

コースとしては月1回(1回2時間)、2年間で完結です。

1年のうち24時間、徹底的に自分を振り返る、、、これをするだけでたくさんの気付きを得ました。そして、気付いただけではなく、どうしたらよいのか?を考えることで無意識を意識に変えるということにつながりました。

これを知っていると知らないでは人生感が大きく変わる!と実感したので、『広めたい』という気持ちから躊躇することなく養成講座を受講し、ファシリテーター認定をいただき、今に至っています。

ファシリテータになった今も日々学びです。講座を開催しているとき、ホンットにたくさんの気付きをいただきます。「私だったらどうしていただろうか、私はこんな風に決めつけていたかもしれない、何故そう感じたんだろうか?」そうやって受講者さんと共に考え話をすることでお互いの学びにつながるのです。

ヒーリング部分については、ビジョン心理学のヒーリングセミナーの中でも「ジョイニング」という手法はかなり自分の奥深くに入り振り返っていき、過去の感情だったり、自分の思い込みだったりに気付かされることも多く、影響が大きいです。

もちろん、性質上合う合わないもあるので、絶対とは言い切りませんが、私にとってものすごく影響されたものを挙げてみました。

必要なタイミングで必要なものがやってくる。

それを受け取るか否か。

ということで。

長くなっちゃったので、個人セッションの件は明日。。。

 

投稿者プロフィール

菊地 香奈子
菊地 香奈子
会社員、主婦の皆さまの心のケアに取り組んでいます。共に心の病予防に取り組みましょう!

※菊地 香奈子(きくち かなこ)
 ※詳しくはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください