ただただ依存しても、ねぇ。。。

こんにちは、心理セラピスト きくちかなこ です。

先日のブログ、”講師と受講者の関係は?” で、後回しにしていた「受講者側」についての意見です。

どんなセミナーにも言えることなのかもしれませんが、特に『自己営発』『癒し』に関するものって、依存している人をよく見かけます。

私自身、心理学講座を開催しています。

以前「講座を受講したら自分は変われますか?」と聞かれたことがありました。

半分yesで半分noだと思っています。

学んで、それを腹に落とし、日々の生活の中でパターンのクセに気付き、何度もそれを繰り返し、、、であれば、変わります。

私も何度も何度もやらかしながら、繰り返しながら、ようやくやらかした後に気付くようになり、そのうちやらかす前に気付けるようになり、、、

内面だけではなく、外見も変わったらしいです(これだけは、私自身もわかりませんが、周りにめっちゃ言われました。「雰囲気柔らかくなった」「優しい感じになった」、、、ん?前の私って???)

ですが。

「受講さえすれば私を変えてくれるのね!」って方は、変わることはほぼゼロだと思っています。

そして「全然変わらないっ!?なぜ!?」とまたセミナー受講してみたり。「これだけ勉強したから変わるはず」とinputの情報のみ頼って期待だけがどんどん増していく。。。いつまで経っても期待通りにならず、さらにまた受講、、、といった永久ループが始まる感じ。

「これさえ受講すれば私は癒される。人生うまくいく。」

「これさえ受講すれば会社経営は順調になる。」

んなわけあるかいな(笑)

と思ってしまいます。

セミナー主催側も、上手に次につなげていくんですよね。スゴイなぁとその手法に感心します。が、それってどうなん?と疑問や時には憤りを感じることもあります。

依存しきっている受講生に対して「そうじゃないよ」と伝えない主催者側にも”なんだろう?”と思うことも正直あります。

とはいえ、私自身が依存でハマっているわけではないので、感情が揺さぶられる必要はありません。

そもそも「そんなウマイ話ありますかいな」と依存している受講者に突っ込みたい衝動にかられます(突っ込んだことはありません。そこが私の中でもやっとしているところです)。

だって、、、「このサプリを飲めば、あっという間に体重-10kgのモデル体型!」って謳ってる広告に「キャーホントー!?飲んでみるー」っていうのと同じに思えてまして、はい。

若い頃、「キャー!やってみるー!」の後に「そんなウマイ話、あるわけないわなぁ」という体験していますのでね、私。

 

以上、あくまでも私の主観。

何を信じ、何を学び、何を取り入れるかは個々の選択の自由です。

そして、責任も自分自身です。

 

投稿者プロフィール

菊地 香奈子
菊地 香奈子
会社員、主婦の皆さまの心のケアに取り組んでいます。共に心の病予防に取り組みましょう!

※菊地 香奈子(きくち かなこ)
 ※詳しくはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください