お騒がせな人たちから学ぶこと

こんにちは

心理セラピスト きくちかなこ です。

この秋の国家資格試験に向けて、今週末が最後のスクーリングです。

もちろん、その後は自主学習となるわけですが、、、その前に、スクーリング最終日に修了テストがあるわけで(-_-;)

あわててテキストを読んでいますが、そうそう簡単に覚えられるものでもなく、様々な理論を唱えた人達とその内容の紐づけもぐっちゃぐちゃになっており、1人焦っている次第です。。。カタカナの名前、覚わらんのですって~

ということで、私のスクーリングは日曜日、、、あと二日で詰め込みます。ドラえもんの「あんきパン」が真剣に欲しいと真剣に願う今日この頃

 

学生も企業も、新入社員もシニア社員も非正規も皆が皆、今後必要となってくる自分のキャリア設計。

これのお手伝いが出来ればいいな、というのが私のやりたいことの一つです。

 

それにしても、、、ここ最近メディアを賑わせている某スポーツの問題、アレってどうなんでしょ(^^; 会長・副会長の話を聞いていると、呆れるというか、正直「ああいう年寄りにはなりたくない」と反面教師を見ているようで。。。老害ってものを身をもって見せてくれているのかな?とも思いつつ。

けど、あそこまで年齢いってなくても、タチの悪い上司ってのはたくさんいます。タチの悪い部下もたくさんいます。そもそも「タチ」って基準は自分次第なんですけどね~ 自分の基準で「常識」「非常識」を判断していますからね。今回の場合、私の個人認識では「タチワルっっ!」って感じました。

とにかく!頑張っている選手たちを大切にしていただきたいものです。

 

あのメディアを見て、身の回りにいる”厄介”と思っている誰かと重ね合わせて見ていた人・感じていた人もいらっしゃるのでは?

私は、過去に仕事で一緒だった上司数名と重ねてみていました。

残念ながら悪いイメージでしたけどね。しかし、その出会いのおかげで私の仕事経験はグンと増えました。それが今後のネタにもなるんだろうなって思うと「ありがとう」って思います。あ!けど、もう二度と一緒に仕事するのは勘弁かな(笑)

 

心理学的には

「目の前に現れた人は自分の鏡である」

「何か気になることがあるというのは、自分にもそれを持っているということ」

ということ。

 

再度、内観を促してくれるきっかけを下さったと思い、今までの自分がどうだったか、そしてこの先自分はどう在りたいのか、をもう一度考えてみたいと思います。

修了試験に向けての勉強に追われてますけどね(^^;

 

投稿者プロフィール

菊地 香奈子
菊地 香奈子
会社員、主婦の皆さまの心のケアに取り組んでいます。共に心の病予防に取り組みましょう!

※菊地 香奈子(きくち かなこ)
 ※詳しくはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください