意識・在り方の違い

こんにちは。

心理セラピスト きくちかなこ です。

夜になり、聞こえてくるのは秋の虫の声。。。

いやはや、ほんの数日前は蝉が鳴いていたのに、ガラッと変わりましたね。

ようやく、エアコン無しで眠れるかな、、、と期待しています。

とはいえ、秋雨前線だ、台風だと天候はまだまだ落ち着きそうになく。

今年はかなりのハイペースで台風が発生しているとか。

要注意です。

 

さてさて。

行方不明の男の子を見事発見し救出したスーパーボランティアの方、連日取り上げられていますね。

スゴイ行動力があり、芯がブレず、年齢を感じさせない力強さ、そして本当の意味での謙虚さを持っておられる。

私自身、あの方のような行動は何も出来ず、ただただ感心するばかりです。ホンットにテレビに向かって拝むばかりです(^^;)

 

SNS上、あーだこーだと文句?いちゃもん?言ってる人がいらっしゃったようですが、一斉に集中砲火を浴びコメントが非公開になっているとか。

何故、何かと否定したがる人がいるんだろう?と思うのです。

まずは、幼い命が奇跡的に助かった、、、それでいいと思うのですが。。。

 

私の経験上、人が何か行動した後に文句や否定を言う人って、自分からは一切行動していない人、かと。主体的なものが皆無とでも言いましょうか。

行動してる人って、全く同じシチュエーションではなくても、「行動」するということにその意図があり、実践する難しさや様々な葛藤を乗り越えて、お互い何かしら共通点だったり意識の高さが高次の位置で同じところにあるんじゃないかなって思います。

かたや、行動していない人って、、、

ま、話するだけムダってことで止めておきます。

 

あとは、「与えること」を知らない人がイチャモンつけてる人かなって思うのです。

受け取るばかり、いや、奪い取るばかりで「自分さえ良ければ」「自分が正しい」という感じでしょうか。

ヘタしたら「他人は自分に与えて当然」と思っているのかもしれませんね。

 

ちなみに、今回の件を受けて、自分の今までを振り返って色々重ね合わせて考えてみた結果です。

仕事において、ですね。

『何か新しいことやる』というとき、自分からは絶対に動かず、誰かがトライするとそれに対しても文句言ったり、結果がマルでもバツでも何かと文句を言う。。。さも「自分が正しい」と言わんばかりに。

「じゃあ、お前がやれよ」と言うと、「いや、それは、自分は、ちょっと、」と逃げるばかり。

こういうの、多かったなぁ。。。

 

「意識の違い」

「在り方の違い」

この差を改めて見せていただいた気がします。

 

自分の意識・在り方について何を選択するか、は自分次第ですからね。

何が合ってて何が間違っているかは分かりません。

自分の心の奥から「心地よい」と思えるものを選びたいものです。

 

ということで。

今日は気圧の変化のせいかどうか分かりませんが、やたらと片頭痛が(-_-;)

台風、被害が出ませんように。

 

投稿者プロフィール

菊地 香奈子
菊地 香奈子
会社員、主婦の皆さまの心のケアに取り組んでいます。共に心の病予防に取り組みましょう!

※菊地 香奈子(きくち かなこ)
 ※詳しくはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください