未来の自分がどうなっているか?を自分に質問してみた。

こんにちは。
心理セラピスト きくちかなこ です。

冷え込みますね、、、体調はいかがですか?意識的に身体を温めてあげてくださいね。
私は5本指ソックスの重ね履きの上にも子尾子ソックスを履き、さらにモコモコズボンで下半身ぬくぬくです。
上も同様にぬくぬくしています(笑)

さてさて。

『質問』するということ

 

先日、『マツダミヒロ』さんの質問力の勉強会に行ってきました。

何故かというと、、、どうしても尋問になってしまう私の質問力を効果的な質問に変えたい!!という思いから。
・・・警察の取り調べさせたら、もしかしたら結構な確率で白状させることが出来るかも!?

マツダミヒロ 質問は人生を変える

こちらを事前に購入し、1回目は一気に読破、2回目は自分の今までのことを振り返りつつじっくり読みました。

私の場合、表情や醸し出す空気感にも問題が多々あるようでして(;´∀`)
多分、本にあるミヒロさんと同じ質問をしても、意味合いが全然違う気がする。。。

その辺りについて、本に紹介がありましたし、勉強会でもお話がありました。

 

 

『待つ』ということ

 

どうしても、SEとして仕事をしていたときとの比較というか、振り返りになるのですが(^^;

「つべこべ言っとらんと、はよ答えーや!!時間ないんじゃー!!」

というスタンスでお仕事していた私。
特にプロジェクト中。新システムを稼働させて不具合が頻発しているとき。一日の処理のリミットが迫ってるときなどは悲惨です。

”待つ”ことが出来ませんでした。
自分が追われてる時も、待つなんて悠長なこと言ってられず、めちゃくちゃ責められてました。
「今やってんだから黙っとけ!!邪魔するな!!」なーんて言ってたりもしましたが(^▽^;)

けど、今回ミヒロさん、何度も仰ってました。

「待つことが大切」

頭で分かっているものの、、、
せっかちってわけではないんですけどね。
意識して、やりすぎかも!?ってくらい待つことをしていきたいと思います。

 

 

『未来』を語るということ

 

私にとって、かなり刺激の強い質問でした。

十年後の自分を想像し、未来形ではなく現在形・過去形で語る

ということ。

ペアになってくださった方が、きっと『魔法の質問』の常連の方?だったようで、語りを促してくださって、ついつい色々出てきちゃいました( *´艸`)

言ったことはここではまだ内緒。

ただ、あまりにも「この質問はイイ!」とばかりに、帰宅して早々に手帳に書き込みました。

  • 十年後の今日の私
  • 十年後の姿を実現するために、一年後の今日の私
  • 十年後の姿を実現するために、この一週間何をするか

ワクワクします♪
書いてて妄想が広がりますし、映像が浮かびます♪♪

この一週間、ホンットに真剣にやんなきゃ、、と思いつつ。
娘が恋の季節のため、夜中ほぼ眠れずでしたが、お昼寝もいつもより少なくして決めた予定をやりましたぞ!

私の頭の中では、来月、年明け早々の1月、そして3月、4月以降、、、と来年の状況も色々想像しています。
もちろん「どうやってやればいいんだろう?」という根本的な悩みはありますけどね(^^;

 

なんとかなる。なんとかする。なんとか出来る。

 

そんな思いを持てたことに感謝感謝です。

結局、自分で勝手に限界を決めて、出来ないと決めつけたり思い込んでいたり。
見たことのない世界だと余計に踏み込むのに躊躇しちゃいますし、そんなこと思ってなかったことにしてみたり。
心理的なワナにハマってしまうわけです。

今、読んでる最中の、、、

ジェイ・エイブラハム 限界はあなたの頭の中にしかない

まさしくコレ。

私が勝手に私の限界を決めている。
そうして知っている世界、体験したことのある世界のみで分かりうる範囲で行動しようとする。
そうなると、小さな世界で大した結果を手に入れない状況を想像する。

マクスウエル・マルツ 潜在意識が答えを知っている

今まで通りの範囲でしか世界が見れなくなってしまうという現実。。。

 

ダメェーーー!!!

少なくとも、今の私にとって今まで通りの世界ではダメ!だから。
頭の中、潜在意識の置き換えを質問を通して塗り替えていきます。

 

マツダミヒロ 魔法の質問講演会後の集合写真
※勉強会終了後、ミヒロさん・お誘いいただいた牧さん関係の皆さんと集合写真です。

 

 

頭の中が一旦落ち着いたので、久しぶりにブログをアップしました。

とはいえ、あともうちょっと、、、試験勉強頑張ります(◎_◎;)

 

投稿者プロフィール

菊地 香奈子
菊地 香奈子
会社員、主婦の皆さまの心のケアに取り組んでいます。共に心の病予防に取り組みましょう!

※菊地 香奈子(きくち かなこ)
 ※詳しくはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください