言い方ひとつ

こんにちは。
心理セラピスト きくちかなこ です。

職場で「なんだかなぁ」と思うことがありました。

システム屋のお仕事中のことです。現在改修機能のテストを複数のチームで実施しています。
私の担当分は同じ所属チームの社員さんに任せて、私自身は全体ではテスト仕切れない細かなパターンのテストを一人黙々と実施しています。
ただ、全体テストの情報はメールで飛んできますので、状況は分かっています。

そもそも機能の割り振りがおかしいこともあり、私たちのチームばかりに負担がかかっている現状。

それを把握している別チームの方は、色々気にかけてくださったり、不明点を聞くとすぐに調べてくれたりしてくれます。

しかし!!!です。

『自分のところさえうまくいけばいい』
『自分のところが終わればあとは知らん』

というチーム(人?)が残念ながらいらっしゃる訳です。

不具合の対応中、今日一日で対応する、と言っているのに
「いつになったら出来るわけ?こっちの作業が終わらなくて迷惑」
といった内容のメールを送ってくるんですよね。。。

私だったら
『対応目処は予定通りでよろしいでしょうか?もしお時間かかるようでしたら、別作業をしたりスケジュール調整しますので、ご一報頂けると助かります』
かなぁ、、、と。

こちらも遊んでいる訳ではなく、手一杯になりながら色々作業をしています。
もちょっと心配りがあってもいいのでは?と感じました。【期待】してはいけませんが、社会人としていかがなものかしら?と思いました。

文句言ってくる人は、どうもそれしか仕事が無いようですけどね^^;

元々お口や態度が悪くて、自社の上の人も手を焼いていたので「またか」といった雰囲気ではあります。

私より一回り以上若い子ですが、、、

表現の仕方や態度一つで印象が180度変わってしまいます。どんなに仕事が出来たとしても、信頼は得られにくいのでは、と。

もったいないなーーー

私も若かりし頃、こんな感じだったんだろなーーー

ちょっと懐かしく思いつつも、あの頃キツくあたっていた人たちに反省の気持ちでいっぱいになっております(・_・;

こういった経験も踏まえて、キャリア形成とかメンタルケアとか、勤める人たちの力になりたいです^ ^

投稿者プロフィール

菊地 香奈子
菊地 香奈子
会社員、主婦の皆さまの心のケアに取り組んでいます。共に心の病予防に取り組みましょう!

※菊地 香奈子(きくち かなこ)
 ※詳しくはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください