完璧主義を手放してタイムマネジメント

こんにちは。

心理セラピスト きくちかなこ です。

 

先日、、、スーツやジャケットを選びにいったのですが、、、

最近の服は袖が細身なのか、私の腕が極端に太くなったのか、パッツパツでショックを受けている次第です。

(主人曰く「ふとっ!」と二の腕をつままれました(;゚Д゚) ってことは、私か・・・)

 

さて。

10月になり、『自分時間の予約』をして行動するように心がけています。

自分のタイムマネジメントに向いてるのかどうかをお試し中ではありますが、、、

タイムマネジメント手帳

こんな感じの手帳(この手帳、24時間の予定が書くことができるので重宝しています。前のは朝6時から夜22時までだったんです)に、一日の予定を時間を区切って予定しちゃいます。週末に翌週・翌々週の詳細予定を予約記入するようにしています。

予定記入の際、どこかに行く場合は『移動時間』を忘れずに入れています。未だ ”どこでもドア” は実用化されていませんからね(笑)

・・・そう思うと、移動時間って結構多いですね。ということに気付いて、出来るだけまとめて動くように予定を組み直したり、ということに繋がっています。zoomなどで自宅にいながらの打ち合わせ、、、っていいですね。とはいえ、直接人に会って、空気感を感じ取るのも大切だと思います。これだけは直接場を共有しないと気付かないこともありますからね。

 

で。

まったくの予定通りに過ごしているか、、、というと、そうではありませんが、自分の中で予定を気にするようになりました。

前日夜には明日明後日の予定を再度確認したり、とか。

そして、一日のシミュレーションをしてから寝るようになりました。

比較的、私には良い方法かも。

会社に行ってた頃は、ただ単純に職場に行って、時間を過ごして、帰ってこればいいだけでしたが、、、個人で、となるとすべての時間のマネジメントが必要になりますからね。

起床・就寝から始まり、ストレッチだの、勉強時間だの、ブログを書く時間だの、、、色分けして記入しています。この時ほど「フリクション最高!」と思ったことはありません(^_^;) 蛍光ペンと普通のペンを組み合わせて予定しています。パッと見で、人と会う・仕事・勉強・その他などが判別しますし、詳細ももちろん記載しています。

色んな手帳の使い方があると思うので、それぞれがしっくりくる使い方でタイムマネジメントしてみてくださいね。

 

一日を過ごし、「予定通りにいかんかったーーー」という場合、完璧主義の方だと自分自身を責めてしまうかも。

「出来ない自分はダメなヤツだ」

もっといくと、

「どうせ出来ないから予定するのもヤメた」

となりかねません。

両方とも完璧主義の罠!

私の場合「予定通りじゃなかったけど、、、ま、いっか」で終わらせます。

一応、予定変更となった原因だけは拾います。翌日以降にそれを反映させればいいだけのこと。

落ち込む要素も投げ出す要素もありません

・・・心理学学ぶ前は完全なる「完全主義者」でしたので、昔の私は自分を責めまくっていたと思います(;´∀`)

予定通りいかないことで人格を否定される筋合いはありませんもん、ね。

 

タイムマネジメントに限らず、仕事においても家事においても、自分を責めちゃう方って多いと思うんです。。。

「完璧な人なんて、いませんよ~」

ご自分の周りの人達をよくよく観察してみてください。

何かは優秀で羨ましく思うこともあるかもしれませんが、他の部分すべてが本当に完璧でしょうか?

案外、抜け抜けだったりするかも( *´艸`)

『完璧な人にならなきゃ』なんて、おこがましいったらありゃしない(笑笑)

欠けてる部分があって普通だし。だから他人にお願いしたり、自分で努力したり(それによってスキルアップに繋がったり)。

そんな ”欠けてる自分” を受け入れないと、次に進みませんもんね。

 

なかなかそんな自分を受け入れるのって抵抗あると思いますが、日々気にすることで出来るようになります。

私も出来ましたもん♪

「完璧主義」の性質を上手に利用して、肩の力をほどよく抜いて人生を楽しみたいものです。

 

投稿者プロフィール

菊地 香奈子
菊地 香奈子
会社員、主婦の皆さまの心のケアに取り組んでいます。共に心の病予防に取り組みましょう!

※菊地 香奈子(きくち かなこ)
 ※詳しくはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください